ネタバレ! 小説と映画の感想‐青葉台旭

小説と映画のネタバレ感想が書いてあります。メインのブログはこちら http://aobadai-akira.hatenablog.com/

俺の自動車8ヶ条

俺の自動車8ヶ条

  1. マニュアルシフトは神からの贈り物
  2. クラッチペダルは基本的人権
  3. ヒール&トゥは義務教育
  4. 強すぎるパワーはメタボ
  5. 太すぎるトルクはメタボ
  6. 広すぎる車幅はメタボ
  7. 長すぎるホイールベースはメタボ
  8. 屋根なんて飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ

テレビ番組「帰ってきたウルトラマン」第32話を観た。

テレビ番組「帰ってきたウルトラマン」第32話を観た。

amazon videoにて。

amazonページ

監督 大木淳
出演 団次郎 他

ネタバレ注意

この記事にはネタバレがあります。

この記事にはネタバレがあります。

この記事にはネタバレがあります。

この記事にはネタバレがあります。

この記事にはネタバレがあります。

5回書いたからセーフ。

ひとこと感想

いわゆる「11月の傑作群」その2。

傑作なのかと言われると、正直、微妙。

これが「11月の傑作群」に入っているのは、11月に放映されたからだろう。

コメディ回。

キングマイマイのオナラ攻撃とかは楽しい。
幼体から成体に変わる時の脱皮シーンには「おっ!」と思わされた。
それから、死んだふりから騙し討ちをするキングマイマイの演技は、なかなかのものだ。
しょせんは茶番だが。

それから、空を飛ぶヒッピー姿の上野隊員のシーンも結構良い。
話の中程でヒッピーの上野隊員が地蔵の前を何やら呟きながらフラフラ歩くという意味不明のシーンがあるが、あれはマリファナをやってラリっているという描写なのだろうか?

迷彩仕様のマット・ビハイクルは良い感じだ。
ラストシーンでは、マットのエンブレムをあしらった本来の姿に戻っていたから、何らかの「光学迷彩」チックな装置が搭載されているのだろう。
多連装ランチャーのようなものが屋根にせり上がってくるが、どこにそんな格納スペースがあったんだ、とは言うだけで野暮か。
ちなみに、マット・ビハイクルの「ビハイクル」は「vehicle」だな。

31話と33話というダーク回に挟まれたこの32話は「11月の傑作群」における一服の清涼剤、といった所か。

小説「雪夜(空中都市探偵集)」第14部分を投稿しました。

小説「雪夜(空中都市探偵集)」第14部分を投稿しました。

「もし、西暦1930年の怪奇小説家が、百年後つまり西暦2030年の未来を空想して小説を書いたら?」

という仮定の下に、1930年の小説家になりきって書いてみました。

カクヨム
https://kakuyomu.jp/users/aobadai_akira/works

小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/610765/

小説「雪夜(空中都市探偵集)」第13部分を投稿しました。

小説「雪夜(空中都市探偵集)」第13部分を投稿しました。

「もし、西暦1930年の怪奇小説家が、百年後つまり西暦2030年の未来を空想して小説を書いたら?」

という仮定の下に、1930年の小説家になりきって書いてみました。

カクヨム
https://kakuyomu.jp/users/aobadai_akira/works

小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/610765/