ネタバレ! 小説と映画の感想‐青葉台旭

小説と映画のネタバレ感想が書いてあります。メインのブログはこちら http://aobadai-akira.hatenablog.com/

映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」を観た

丸の内ピカデリー(ドルビーシネマ)にて。

公式ページ

脚本 むとうやすゆき
監督 村瀬修功
出演 小野賢章 他

ネタバレ注意

この記事にはネタバレが含まれます。

ネタバレ防止の雑談

前々から観ようと思っていた劇場版『閃光のハサウェイ』を観た。

どうせなら松竹の旗艦劇場で観ようと思い、少々高かったが丸の内ピカデリーのドルビーシネマで観てきた。

本編が始まる前に『ドルビーシネマ』の解説というか宣伝のような物が流れるのだが、確かに映像の精彩さは抜きん出ていて没入感があると思った。
音は以前からある『ドルビーアトモス』と同じらしいが、これも臨場感に一役買っていると思う。
ただ、今回の『閃光のハサウェイ』がその画質性能を使い切れていたかどうかは、分からない。

有楽町マリオンにある松竹系チェーン・マスター劇場というから、座席数800人のドデカい劇場を想像していたら、別館の方の小ぢんまりした劇場だった。
昔は、このマリオン別館の劇場は単館上映の文芸系映画を興行していたように記憶しているが……それが最新の上映システムに刷新されたのか。

日本には二種類のオジサンが生息している。
ガンダムオジサンと怪獣オジサンだ。
私は、そこまでのガンダマーではないのだが、シリーズ最新の劇場映画となれば、やはり敬意を表して正装で行かねばなるまい。
チェック柄のシャツにジーンズに紙袋という正統派オタク・フォーマルに身を包み、微かな期待と不安を胸に抱いて家を出た。
電車に乗り、有楽町で下車し、いったんマリオン別館に行って確かにガンダム上映中であることを確認し、次回上映までの時間をつぶすため、周囲を散策する。
久しぶりの有楽町界隈だ。
上映十五分前、そろそろ頃合いだろうと再びマリオン別館に行きエレベータに乗る。
エレベータから劇場ロビーに降り立つ。
薄暗い間接照明の中、私と同じオタ・ファッションの紳士たちが静かに時を待っていた。
そのうちの何人かと偶然に視線を合わせるが、お互い、一瞬で視線を外す。
奇妙な、そして何処か懐かしい緊張感が漂っていた。
パンフやグッズを買う者、ポップコーンを注文する者、ベンチに座り静かに瞑想する者……
同じ匂いの一匹狼たちが、互いに話すでもなく、互いに一定距離の間合いを保ち、薄暗いロビーで上映開始時刻を待つ。
そして映画が終わった後は、そそくさと劇場をあとにして、散り散りに去っていく。
いったん劇場を出れば、もう奴らとは二度と会うこともないだろう。
ここは凄腕のガンダマーだけが集う、現代の傭兵酒場。

いよいよ上映時刻が近づいてきた。
劇場に入り、予約した席につく。
ややスクリーンを見上げる格好だ。
上級の映画マニアほど後ろの席を好むという話もあるが、私は中央やや前寄りの席が好みだ。
やや前寄りの席に座って、自分の視界すべてをスクリーンで埋め尽くしたい。
しかし今回は、少し前すぎたようだ。
もし再びこの劇場で映画を観る機会があったなら、その時はもう少し後ろの席を予約しよう。

以上、ネタバレ防止の余談でした。

以下、ネタバレ。

良かった点、悪かった点。

ガンダムの映画である以上、その最大の見せ場はモビルスーツ同士の戦闘だ。
この映画には、その見せ場が2回ある。

  1. 物語の中ほどにあるダバオでの戦闘
  2. 物語終盤クライマックス、二機のガンダム同士の海上決戦

1番目のダバオ市街戦は素晴らしかった。
2番目のガンダム同士の海上決戦は残念だった。

良かった点

1番目のダバオでの市街戦は素晴らしかった。
町を破壊しながら戦う連邦軍と反政府組織マフティのモビルスーツ
その足もとで逃げまどう人々。
飛び散る火花、燃え盛る炎、落下する瓦礫。
生身の人間と、全高20メートルの巨人型兵器との対比。

華麗なモビルスーツ同士の空中戦も、地上の人々の視点から見上げれば『空襲』以外の何物でもない。
その恐怖が、非常に良く表現されていた。

それは、モビルスーツを怪獣に見立てた『怪獣パニック・シーン』のようにも見えるが、生身の人間と『巨大な破壊者』の対比をここまで鮮やかに見せつけた映画は(怪獣映画を含め)未だかつて無かったと思う。
それくらい素晴らしかった。

例えば、逃げ惑う主人公たちの奥で、撃たれたモビルスーツが足の裏を見せて倒れるシーンがある。
その『足の裏を見せて倒れる』という描写によって、モビルスーツの巨大さと、『あんなものの下敷きになったら無事では済まない』という恐ろしさが良く表現されていると思った。

悪かった点

物語の中ほどにあるダバオ市街戦の素晴らしさに比べると、クライマックスのガンダム同士の海上戦は、ちょっと頂けなかった。

主人公ハサウェイが乗る〈クスィ・ガンダム〉とライバル役の連邦軍機〈ペーネロペー〉は兄弟機で、実質的には〈ペーネロペー〉も『ガンダム』だ。
二機の外観は非常に良く似ている。

舞台は夜の洋上。
前述のダバオのように街の明かりやモビルスーツを照らす炎がある訳でもない。
暗い中で、ほとんど同じ形のガンダム同士が戦っているから、どっちがどっちだが良くわからない。

しかも、どちらも真っ白な『ガンダム色』だ。
せめて敵役の〈ペーネロペー〉の機体色を別の色に出来なかったのだろうか?

人間ドラマ

全3部作の第1部という事もあって、今回、人間側のドラマは各キャラクターの立場・性格の紹介に終始したように思う。

その中でも、やはりギギ・アンダルシアの性格づけと、それを演じた上田麗奈の演技には惹きつけられた。

鋭い直感力(おそらく彼女はニュータイプだろう)を持ちながら、その能力を『面白い』か『つまらない』の判断に使うことしか知らない。

見た目の美しさも含めて、素晴らしい才能に恵まれながら、性格はどこまでも幼稚。
別に知能が劣っている訳ではない。
ただ、性格が幼稚(あるいは幼児的)なだけだ。

しかし、その幼児性が男たちを惹きつけ、連邦軍ケネス・スレッグ大佐をして『彼女は勝利の女神だ』と言わしめる。

前章で述べた『ダバオ市街戦』のシーンで、ハサウェイは、計画していた仲間との段取りを無視し、燃え盛る空襲の街をギギと逃げる。
反政府組織の首領として、ありえない行動だ。
ハサウェイをそんな異常行動に走らせるためには、ギギの側にも相応の『異常性』が必要だ。
そのギギの異常性が、上手く表現されていると思った。

異常なまでに幼稚で、それでいて直感力に優れていて、美しく、それゆえに男たちを惹きつけるギギ。
その幼稚さ、突飛さに、作為があってはいけない。
いかにも『男どもを引っ掛けてやろう』という計算が見え透いてはいけない。
あくまで『天然』でなければ『魔性』とは言えない。

その全く作為的ではない天然の魔性が、よく表現されていた。

アムロ

大気圏の境界近くで、ハサウェイはガンダムに乗り込む。
その時、ふとアムロの声が聞こえる。
それはハサウェイの幻聴だったのかも知れない。
一方で、前作『逆襲のシャア』で身を挺して隕石衝突を回避させたアムロは、その後、ある種の精霊のようなものになって地球を守っているという解釈が提示された。

背景と小道具

背景は美しく、小道具は緻密だ。
あくまで我々が生きている現代と地続きの『宇宙世紀』がよく表現されていると思った。
ただ、宇宙世紀時代のフィリピンに、未だ『貧しく猥雑でありながらも素朴で活気のある人々の営み』が残っているかどうかは、意見が分かれるところだろう。

まとめ

単体の映画として観た場合、ドラマの進展が少ないように感じられた。
やはり本作は、あくまで3部作の第1部であり、人物紹介が目的のプロローグだと思った。
クライマックスのガンダム同士の戦いが、もう少し盛り上がっていたら印象は違っていたかも知れない。

第2部、第3部では『主役機とライバル機の違いが分かりにくい』という欠点が修正される事を望み、今後に期待したい。

キャプテン・フューチャーは実質アメコミ・ヒーローだ

キャプテン・フューチャーは実質アメコミ・ヒーローだ

ウィキペディアの『キャプテン・フューチャー』の項を読んでほしい。

  1. 幼いとき犯罪者に両親を殺されたカーティス・ニュートンは、のちにキャプテン・フューチャーを名乗り、悪と戦う正義の科学者となる。
  2. 普段は月のチコ・クレーターにある秘密基地に住んでるが、太陽系政府主席ジェイムズ・カシューが北極の灯台を点滅させて信号を送ると、高性能宇宙船に乗って馳せ参じ、首席の依頼を受けて犯罪者を追う。
  3. 愛機コメット号は、秘密基地でフューチャー自身と仲間たちの手によって設計・製作された高性能宇宙船で、さまざまな秘密兵器を搭載している。

ほぼほぼ、初期設定はバットマン

そして敵対する犯罪者たちにも、コッテコテの『ヴィラン』が揃っている。
詳しくはウィキペディアを見て頂くとして、名前だけを列挙してみる。

  • 宇宙帝王 (Space Emperor)
  • ザロ博士
  • 破壊王(Wrecker)
  • 生命王(Life Lord)
  • ウル・クォルン
  • ンララ
  • 機械人間一号

などなど……もう名前からしてコッテコテのヴィランのオーラが出ている。

これ、いつかハリウッドで、スペース・オペラ兼アメコミ・ヒーローとして映画化されるわ。
正直、MCUあたりが即戦力としてスカウトしてもおかしくないレベル。

スペース・オペラとは何ぞ?

スペース・オペラとは何ぞ?

この問いかけに対し、あるアメリカのSF雑誌編集者がこんな事を述べている。

「これさえあればスペース・オペラであるという条件は存在しない。
 これが無ければスペース・オペラではないという条件も存在しない」

つまり、百人いれば百人の解釈があり、万人が納得する定義は存在しないという事だ。

まるで『証明できない事が、証明されている』という『不可能の証明』みたいだな。

しかし、そうは言っても、6〜7割の人が納得できる『比較的妥当な近似解』ならあるだろう。
例えば、
『宇宙を股にかけた冒険活劇』
というのは、どうだろうか。

サブ・ジャンル

下位のジャンルとしては、以下のようなものが考えられる。

  1. 宇宙戦争もの(例:スター・ウォーズ
  2. 宇宙犯罪もの(例:スペース・コブラ
  3. 宇宙刑事もの(例:敵は海賊

宇宙スパイものというのもアリか。
あるいは宇宙シャークものとか。
宇宙ゾンビものは既に私が書き始めている。
現代版シャーロック・ホームズがあるなら、宇宙シャーロックも有りかも。

案外、現代のジャンルものを宇宙に置き換えただけで、スペース・オペラ的な何かが出来そうだ。

いずれにせよ『スペース・オペラ」と名乗るからには、宇宙船と光線銃は欲しいし、複数の惑星が舞台であってほしいかな。

キャプテン・フューチャーバットマン

キャプテン・フューチャーの内容を思い出そうと、今ウィキペディアであらすじを読んでいるんだけど、改めて見ると、これ初期設定は、ほぼバットマンだったんだな。

  1. 犯罪者に両親を殺された赤ん坊カーティス・ニュートンは、フューチャーメンと呼ばれる仲間たちに育てられ、のちに自ら正義の科学者『キャプテン・フューチャー』を名乗り、犯罪者どもと闘う。
  2. 普段は月のチコ・クレーターにある秘密基地に住んでいる。
  3. 太陽系政府首席ジェイムズ・カシューが北極の灯台を点滅させると、彼の元に駆けつける。
  4. 彼が乗るのは、チコの秘密基地で彼自身と仲間達が設計・製作し、さまざまな秘密兵器を搭載したコメット号。

最近、映画について思うこと

最近、映画について思うこと

その1、あまりに予定調和すぎる映画は、感情を家に持って帰れない

予定調和すぎるストーリーは、観客の心に爪あとを残さない。
映画館を出る頃には、もう観客の心は平穏な状態に戻ってしまう。
つまり、余韻が無い。

  • 助さんが、助さんのやるべき事をキッチリとやり、
  • 角さんもやるべき事をキッチリやり、
  • うっかり八兵衛が、良いところで「うっかり」して、
  • 風車の弥七が風車を飛ばし、
  • かげろうお銀がお風呂に入り、
  • 越後屋がキッチリと悪徳商人で、悪代官が「お主も悪よのう」と笑い、
  • 村娘とその父親がキッチリと悪代官に虐(いじ)められ、
  • 黄門さまはキッチリ8:40に印籠を出す

バランスが良く、善人が善人として、悪人が悪人としての役割をキッチリこなし、全てが調和して予定された通りに進んでいく物語は、観終わったあと心の中で薄れていくのが早い。

最近その事に気づいた。

その2、超大作ブロックバスター映画は、右と左の両方を満足させる必要がある

21世紀に入って以降、スペクタクル・エンターテイメントの映画の予算が高騰している。
その予算を回収するためには、老若男女、ありとあらゆる趣味嗜好の人々を満足させる必要がある。

「超大作映画は、政治的に右の人にも左の人にも支持される必要がある。そうしないと大ヒットしない。資金を回収できない」と、数年前から言われている。

また、こんな風にもいわれている。
リテラシー(読解力)の高い観客も、リテラシーの低い観客も、両方ともが楽しめないと大ヒットは見込めない」
表面的には、単純で痛快なアクション・エンターテイメントを装って低リテラシーの観客を喜ばせつつ、所々に「裏テーマ」や「隠しネタ」を仕込んで高リテラシーの観客が「別の解釈」をする余地を残して、あらゆる観客に届くようにしなければいけない。

「少数のマニア」にも「大多数のライト層」にも届かないと商売として成立しない。

……と、言われている。
あくまで仮説の域を出ない話ではあるが。

その3、人類は(今のところ)スペース・オペラが好きではない

前々から薄々気づいていた事なのだが、人々はスペース・オペラをそこまで好きではない。
別に積極的に嫌いって訳じゃなく、関心が無い。

スター・ウォーズ」っていう、ものすごい巨人がエンターテイメントの中心にドンと構えているせいで、うっかり誤解しがちだよね。「ああ、みんなスペース・オペラが好きなんだな」って。

でも実際スター・ウォーズが好きな人は、あくまで「スター・ウォーズが好き」なのであって、スペース・オペラ全般には関心のない人の方が多いと思う。

アメコミ映画好きの人は、個々のヒーローというより『アメコミ』というジャンル全体が好きで、ひと通り色々なアメコミ映画を観ている場合が多いと思うけど、それとは対照的だ。

そのアメコミ映画も1980年代ころまでは、全然メインストリームじゃなかったと記憶している。
大御所スーパーマンは人気だったが、逆に言えば人気者は彼一人だった。
ティム・バートンが『バットマン』を作り、サム・ライミが『スパイダーマン』を作り……っていう流れの中で徐々に潮目が変わっていって、マーベルが最後の導火線に火をつけたっていうのが、歴史的な経緯だろう。

だから、スペース・オペラにも流れが来る可能性はゼロじゃないとは思う。

私自身に関して告白させてもらうと、実は、私も筋金入りのスペース・オペラ・マニアという訳ではない。
小説「レンズマン」も「キャプテン・フューチャー」も、十代の頃に2巻か3巻まで読んだという、あやふやな記憶がある程度だ。

私が好きなのは『巨大ロボットもの』だ。その舞台が宇宙であるか否かに関して、特にこだわりは無い。
巨大ロボットが思う存分あばれ回れる舞台なら何でも良いというのが正直な所だ。